アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
変りばえのしない「公認会計士試験合格者」日記
ブログ紹介
毎度ご覧いただきありがとうございます!  
もとTAC梅田校受講生。平成18年公認会計士試験に合格し大手監査法人、某自治体の監査委員事務局で公務員、名古屋のややブラックなベンチャー企業の内部監査を経験し、現在は静岡の金融機関の経理部門に勤務。
試験の話、受験勉強の話、監査法人の話etc.・・・気まぐれ更新です。

【お知らせ】
★有害又は記事に関係ないコメントやTBは、予告なく削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

【コメント大歓迎!】
★コメント欄は800字の字数制限がありますので、それ以上長くなりそうな場合には、2回以上に分けてコメントくださるようにお願いいたします。
★書き込みの内容によっては個別の返信を省略させていただくことがありますので、悪しからずご了承ください。
zoom RSS

おかげさまで10周年

2016/02/27 00:51
2006年2月から始めた当ブログですが、今月でなんと10周年になりました。
いつもご覧いただいている皆様、ありがとうございます!

当初は公認会計士試験の受験仲間のコミュニティーのためのツールとして始めたブログでしたが、公認会計士試験に合格してからは、広く一般の閲覧者を意識した記事を書くように転換して仕事の話や会計士試験の話、それに世の中のニュースの感想から個人的な旅行記まで、下手な文章で綴ってまいりました。

11年目に入り、更新頻度は相当に落ちましたが、引き続き頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。



日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド?「白色」「青色」両対応!!
情報センター出版局
はにわ きみこ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド?「白色」「青色」両対応!! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へかわいい ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 20


三島スカイウォーク

2016/02/27 00:12
画像
先日、職場の部内旅行がありました。
行先は伊豆の温泉でした。
昨年は職場全体が同時に参加する大旅行でしたが、今年はセクションごとの実施になりました。

思えば、今までの職歴の中で公式的に社員旅行をやる職場は今の仕事が初めてではないかと思います。
昭和の時代にはどこの会社でもやっていたのでしょうが、最近は少なくなっていると思います。
国内の観光地は団体の宴会客よりも爆買いのインバウンド旅行者が頼みの綱だし、避暑地や海沿いの保養所は廃墟と化していたりします。このあたりに昔のような経済の強さが戻らない要因があるような気もします。

帰りは三島にできた新名所、「三島スカイウォーク」(写真)に立ち寄りました。
箱根越えの国道1号線沿いの山間にある日本一長い人道のつり橋で、長さは400mあります。
眼下に駿河灘、もちろん富士山も望める絶好の展望地です。
沢山の人が同時に渡るので上下の揺れがそれなりにあって、最も高いところは地表から70mもあるとなれば、それなりにスリルを楽しめます。高所恐怖症の人は果をを引きつらせて「揺らすな!」と叫んだりしてましたが、確かに景色は良かったです。

次年度は、また職場全体の大旅行が復活するとのうわさも出ています。
飲んで食ってのどんちゃん騒ぎで体重が上がりまくるわけですが、平和な職場だなあと思います。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


マイナス金利は正しい?

2016/01/30 00:29
日銀が金融機関から預かっている当座預金の金利をそれまでの0.1%からゼロ金利を通り越してマイナス0.1%にすると発表しました。
市場はこれをサプライズだと受けとめているようですが、政策として本当に正しいのでしょうか?

私の職場では同じフロアの隣のエリアがトレーディングなどをやっている部署なのですが、日銀の発表後、担当者が部屋中に響くような大声で「マイナス金利発表!」と叫びました。
その後、株価は乱高下したようですが、結局高値で取引終了となりました。
しかし来週には何が起こるかわからない状況ですね。

金融機関は日銀に一定の預金(預け金)をすることが義務付けられていて、通常は余った資金の一部を同じように有利息の預金として運用しています。この有利息分がマイナス金利になると、逆に日銀にお金を払って預けることになります。

日銀は、自分のところの金庫で眠っているこの多額のお金を金融機関に引き出してもらって、それを金融機関が融資に回せば市中の通貨量が増えて設備投資が増えて給料も増えるから消費も増えるというパターンを想定しているようですが、甘いのではないでしょうか。

優良な貸出先が簡単に見つかれば誰も苦労しないのであって、そもそも発想が逆だと思います。
普通は、景気が上向きで設備投資や賃上げによる資金の需要があって初めて融資が伸びるのであって、先行き不安のままカネを借りるという需要は起こりにくいはずです。

住宅ローンなど借りる側にとっては金利の低下圧力は歓迎すべきですが、金融機関にとっては手元のお金を優良でない先にまで無理して貸すようなことになれば、貸し倒れのリスクが高まって財務内容が悪化する可能性もあります。

消費税の増税を控えて景気の先行きが不透明な状況下での今回の決定は、ちょっとやりすぎではないかという気がします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2015年ラスト

2015/12/31 23:57

今年最後の更新になりました。
ここしばらくずっとですけど、更新の頻度が低くてお叱りの言葉をちょうだいする事もありました。そんな中でも当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
来年はもう少し頑張らないといけませんね。

今年は修了考査が年内に終わったので、久々に年末年始モードで帰省してます。

来年も皆様にとって幸多き年になりますように。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


平成27年修了考査(2)

2015/12/23 21:19
今年度の修了考査も終了し、今年もあと1週間余りになりました。
受験された方はお疲れ様でした。

12月中にやってくれると、正直負担が軽いです。
昨年までは1月の成人の日を含む2日間での実施でしたが、そうすると正月休みは勉強漬けになります。私は大阪を離れてから正月休みに帰省できないでいました。
この年末は久々に帰省できます。

今年の試験を受けて特に思ったのが、科目間の垣根が低くなってきたなということです。
修了考査は5科目ですが、「監査実務」は「会計実務」の内容をもとに事例が作られていたり、「経営実務」でも経営指標の算定やIT分野の両方で監査論的な視点が色濃い出題が多くみられました。「職業倫理」はもともと国家試験では「監査論」に含めれる内容ですし、すべての科目が国家試験の会計士試験の科目と重複する部分も多いです。

科目を整理して1日で終わらせるようにできないのでしょうか。
試験会場が近い人は良いのですが、東京・名古屋・大阪・福岡でしか受験できないので、遠方から宿泊で受験する人も多くいます。ところが、土曜日はホテルの観光利用が多いうえに、昨今のインバウンドのおかげで予約が至難だし、宿泊費が高騰しています。従来よりも増して受験者の負担は大きくなっています。会場を増やす配慮も必要ではないでしょうか。

それと、さらに文句を言わせてもらうならば、この試験は現場で働きながらの受験者には非常に酷な制度だと思います。その一方で、何か具体的な効果があるのかといえば疑問も多いです。
いま監査業界は某電機メーカーの不正経理事件のおかげで風当たりが強まりつつあります。
CPE制度もそうですが、こういった形式ばかりにこだわるのではなく、もう少し実効性のあるものに変えていかないと、業界自体が社会から見放されかねないと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


平成27年度修了考査

2015/11/23 22:57
今年もまた修了考査の季節がやってきました。別に待ち望んでいるわけではありませんけど、毎年恒例みたいになっているのが空しいです(笑)。

今年度からは試験の日程が12月中に戻されました。
理由は公式的には雪害による交通機関の乱れによる影響を少なくするためらしいですが、年内実施の意見が多かったのは間違いないでしょう。

私は会社勤めなので監査法人のような「試験休暇」のような制度はありませんけど、今週は年に一度の長期連続休暇の週にしてもらいましたので、10連休です。専門学校のカリキュラムが今週中にすべて終了する見込みですので、あとは復習に徹して準備していこうと思っています。仕事には直接関係がないのでその点では力が入りにくいですが、まあ頑張ります。

受験される方はお互い頑張りましょう。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


間一髪!

2015/11/23 22:45
先日、夜遅くに東名高速を走っていた時のことです。
ずっと前を走っていた乗用車のテールランプがスッと消えたような気がしたので、変だなと思った瞬間、気が付いたらなんとその車が一回転して2車線をふさいで横向きに停車しました。

前部が小破していたのが見えたので、ほかの車か分離帯などに衝突したのだと思いますが、こちらもスピードが出ていたし、ちょうど照明がない区間で真っ暗だったので、ぼやっとしていたら突っ込んでいたところです。急制動をかければ十分に止まれる感じでしたが、追い越し車線にも他の車がいたし、後ろを走ってくる車もいるので、とっさの判断で路肩からゆっくり追い越してそのまま通過しました。ヒヤリとする瞬間でした。

目の前で車の事故に遭遇するのは初めてではありませんけど、ヒヤリとする瞬間はいつ来てもおかしくないですから、自分自身も気を付けないと、と思いました。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


公認会計士試験合格発表

2015/11/23 20:44
今年度の合格発表が先日ありました。
合格者の皆様はおめでとうございます!

昨年より50人程度少ない合格者数でしたが、受験者数が減ったので合格率は少し上がりました。
監査法人の採用活動はここへきて活発な状況なので、合格者の取り合いになっているようです。
私の職場に監査に来てくれる某大手監査法人の事務所では、採用予定の受験生が不合格だったので、今のところ採用活動に失敗しているという話でした。地方には受験生が少ないので、今後は首都圏などで大手に行けなかった人を拾う方針のようです。首都圏や近畿圏で大手を志望しているにもかかわらず内定がもらえなかった方は、地方にも目を向けてみればいかがでしょう。しばらくすれば都会への転勤の道もありますし、知らない土地で働いてみるのもいい人生経験になることは間違いないです。

私の経験から言いますと、大規模な事務所では大企業の監査にかかわりやすい反面、そのような会社の監査チームでは分業が進みすぎていて、仕事自体はあまり面白くないかもしれません。その点、地方の事務所は人数が少ないので、幅の広い仕事を与えてもらえて、監査の全体を理解するにはいい環境だと思います。

しかし就職状況がこれほどにまで好転しているのに、受験者が増えないのはなぜなのか、首をかしげます。合格者に社会人枠みたいなのを設けてみてはいかがでしょうかね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大勝!!

2015/10/04 01:02
画像
ラグビーのワールドカップは日本代表の第3戦が先ほど終わりました。
格上の強豪サモアを、ほぼ完勝といっていい26対5で見事撃破!!

今回は難しいかと予想していましたが、序盤から相手の反則を上手いことチャンスに変えて抜け目のない攻撃で感動の試合を見せてくれました。本当にお疲れ様でした!!

今回のワールドカップの予選を兼ねた試合を名古屋にいた時に観戦したことを、以前にこのブログでも紹介しました。あの時はスリランカに圧勝してほのぼのとした雰囲気で、ハーフタイムにはゆるキャラ「オカザえもん」が登場するなどまさにユルユルでしたけど(笑)、さすがに本戦ともなると、ゆるキャラの出番などあるはずもなく、緊迫していましたが、サモア代表の試合前威嚇ダンスを見せつけられても怯まない日本代表の逞しさには改めて感動です!

五郎丸選手のキックが2回外れたのは心配ですが、まあご愛嬌ということで第4戦の米国戦も勝利で突っ切ってほしいですね!!
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


問題漏洩

2015/09/13 23:04
画像
野菜が高騰してますね。
一人暮らしを始めてから、スーパーで食料品を買い物する機会が増えましたけど、最近の高騰ぶりは目に余るものがあります。
高くても品質が良ければまだ許せますが、天候不順が関係しているとあっては野菜の生育もよくないらしく、レタスなんか、ほんと貧弱な「葉ばかりレタス」だし、トマトも緑色がかった出来損ないみたいなのが多いです。
洪水被害でさらに高騰するかもですね。

それはさておき、大きく報道されましたが、資格試験の最高峰といわれる司法試験で不祥事が起こりました。
試験問題を作成したり採点したりする考査委員である法科大学院の教授が、自分の教え子に問題だけでなく模範解答まで漏えいしていたとか。

漏えいしていた科目だけが突出して高得点で、答案が模範解答に酷似していたために発覚したということですが、もしその受験生がもう少し手加減して、控えめな得点になるように工夫してたら、ひょっとしてバレなかったかもです。

論文試験で模範解答の中の独特な言い回しまでそのまま答案にすればどうなるかさえ理解できないとは、相当に要領が悪いというか頭が悪いのかもしれませんが、言うまでもなく悪いのはそういうことが起こり得るような仕組みになっていることの方だと思います。

今や司法試験は受験者も減少し、合格者の質の維持が大きな課題になっているそうですが、その原因となる諸悪の根源は法科大学院制度の失敗だったということではないかと思います。

法科大学院ができるまでは、受験生は受験専門の予備校に通って、いかに本試験で高得点を取るかを考えて勉強をしてきたわけですが、そんな受験テクニック養成のための予備校の指導の下での勉強では良い法曹を養成することは出来ないということで、法科大学院制度ができました。

しかし、司法試験の考査委員に学者の中から選任された人がいて、それが法科大学院の教官だったりするので、今回のような不公正な結果が引き起こされたといえるのではないでしょうか。

試験問題や模範解答を作成する人と、その試験の受験生を指導する立場にある大学院の教授が同じ人では、実際に漏えいがあるかどうかではなく、そもそも仕組として欠陥があるというべきでしょう。考査委員としての理性に依拠しているということでしょうけど、そんなもん仮に理性が働いているにせよ外部から見れば怪しいと思うのが普通です。現にエロ学者と要領の悪い受験生が容疑を認めているのですから、どうしようもないですな。

そこで私が考えた改善策です!

昔に戻す。これしかないと思いますが…。
試験をやる以上、受験テクニックに走るのは受験生として当然です。法科大学院だって、理想とは裏腹に受験テクニックを教える場所に成り下がってるのですから、高い授業料を払う価値などないと思います。それならば昔の受験予備校に受験生の指導を任せればいいと思います。試験で高得点を競って何が悪いのでしょう。受験テクニック抜きで法科大学院の理想を追求するのであれば、試験そのものをなくして他の判断基準を導入するしかないと思いますが、それができないのであれば、高得点をとった人を合格させればそれで良いのではないかと思います。

そうすれば、考査委員に学者を選任しても、その学者が予備校でバイト教師をしていない限り、立場が混同することを避けることができます。それで何も問題はないと思うのですが、法務省は法科大学院の創設の音頭取りをやって結果として失敗したこともあって、意地になってるのかもしれません。官僚は、自分のミスをそう簡単に認めたりはしません。

司法試験では法科大学院の卒業生より、経済的理由で法科大学院にいけない人を想定して法科大学院卒でなくても司法試験を受験できる「予備試験」と呼ばれるルートで受験する受験生の方が格段に合格率が高いそうです。法律事務所も、優秀な合格者は「予備試験」組に多いとみて、法科大学院卒を避けて採用する傾向にあるといった話も聞いたことがあります。もうそろそろ法科大学院制度は廃止の方向にもっていったほうが現実的かなと思いますね。

われらが会計士の業界でも、会計専門職大学院という似たような制度があります。
国家試験の試験委員と専門職大学院の教授が兼任になってる例は、会計専門職大学院の創設時から多数ありますが、関係者は試験問題が一切漏れてないと自信をもって言えるのでしょうか。

国家試験はできるだけ公正にやったほうがいいと思います。

まあ、独り言ですが。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


季節労働者

2015/08/26 23:08
久々に更新します。

酷暑が去って、急に涼しくなりました。
このまま秋になるわけではないのでしょうけど、やはり涼しくなるとホッとしますね。

金融機関は暦通りの営業なので、お盆休みはありません。
8月は祝日もないので、出勤日数は多く、仕事は順調に終わります。

しかし、そうなると暇が生じます。

上場企業のように四半期決算もなく、この時期は本当に暇です。
暇なときにしかできない、中間決算の準備や、効率化のための工夫を考案するという夏休みの課題的な仕事が中心になります。
たまに他の部署から税金の相談など仕事が舞い込むことがありますが、もうウェルカム感満載です。

この時期は夕方の就業の時刻がものすごく遠く感じてしまいます。
ある意味、気が重い毎日ではあります。

まさに、季節労働者・・・。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


新国立競技場

2015/07/17 00:25
建設費が高騰して設計から見直すべきだとの声さえあがっている新国立競技場ですが、当初の見込みより2倍近い2520億円になるそうです。物価が急に上がっているわけでもないのになんでそんなことになるのでしょうか。

競技場は一つのゼネコンがすべて建設するのではなく、工区を分けて分割発注する方針のようです。第一弾としてスタンド工事の一部について大成建設と随意契約が結ばれたとか。

この「随意契約」が建設費高騰を招いているのではないでしょうか。

公共工事は競争入札で行われるのが大原則のはずです。とはいえ劣悪なモノを安請け合いされても困るので、一定の金額以上でという条件は付きます。しかし、請負業者に競争原理が働けば、オリンピック特需だからと言って値段を吊り上げるような行動はある程度抑制されると思います。

随意契約というのは簡単に言えば、買い物を他店との価格比較もろくにしないまま、値札の金額を見て即決しているような契約締結の方法です。普段のスーパーの買い物では、そういう買い方をしている人は多いでしょう。しかし、公共工事では入札という伝家の宝刀があるのです。なのに、なぜそれを活用しないのでしょうか。

2520億円というのは誰が計算したのでしょうか。ゼネコンが提示した価格ならば、まさに値札だけを見て即決したようなものということになります。そんなことをしていたら、そりゃ契約価格は吊り上がりますね。

デザインを決める段階の国際コンペでの選考委員の責任問題がマスコミで取り上げられていますが、それはピント外れのような気がします。彼らはデザイン的に優れたものを選んだのであって、コスト計算の専門家でもない建築家に超大型工事の原価の正確な計算など求める方がおかしいと思います。

工期も迫っている中で再設計している時間もないでしょうから、現行の構想で競争入札を実施して、当初予算内で建設できる業者を選んで、施工状況をしっかり監督して、世界に誇れる競技場をラグビーのワールドカップが日本で開催される2019年に間に合うように立派に作り上げてほしいですね。






東京大改造マップ2020 (日経BPムック)
日経BP社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京大改造マップ2020 (日経BPムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


巨額粉飾決算

2015/07/05 03:08
東芝の巨額粉飾決算が明らかになりましたが、その後の調査により、過去に遡って不正の累積が1500億円に達する模様とのこと。

過去の決算の修正が間に合わず決算報告ができなくて大変なことになっているとは思っていましたが(それだけで十分に異常ですけど)、ここまで金額が大きくなると、経営者が引責辞任するレベルまで炎上してるな、という感じです。

報道の情報によりますと、不正の中身は、「工事進行基準」の適用場面で利益を多く見せかける操作を行っていた、とか、部品を下請け業者に渡す際に上乗せする利益の処理に問題があった、などとされております。

具体的な話はわかりませんが、この「工事進行基準」というのは取扱注意な会計基準です。

文字通り、工事の進行(進捗)の具合に合わせて工事収益を認識する収益認識基準で、厳密に適用すれば実態に即した損益計算が可能になるものです。そのため、わが国でも従来から一般に公正妥当と認められる企業会計の基準の一部を構成するものとして適用が認められてきました。

しかし、工事進行基準は工事の進捗率や収益率の算定に経営者の見積もりや判断が介入しやすいという欠点があります。見積もりや判断を伴う会計処理では宿命的なものなのですが、絶対的な正解の数値が得られにくく、利益操作を目的に悪用されやすいのです。

東芝では、半導体事業で長年にわたってこの工事進行基準を利用して利益を意図的に実態よりも多く見せかける粉飾を行っていた可能性が高くなっており、その後それ以外のほとんどの主要部門でも不正が疑われる事象が見つかっているようです。

経営者が辞めて済む問題でもないでしょうが、引責辞任でもしないと消火できないレベルまで炎上していると感じました。

ところで、私は今回の報道が事実だとすれば、我々会計士の業界にとっても思いっきり「激震」が走ったと認識しています。

まだマスコミではあまり話題になっていませんが、東芝の監査を行っていた監査法人は、かつてオリンパスの不正会計でも金融庁の処分を喰らっているのです。そして、その法人は私の古巣の法人です。

会社が不正の事実やそれを匂わすような事実をひた隠しにすれば、きちんと監査を行っていたとしても粉飾が発見できないことはありますし、そういう場合は監査人の責任問題にならないケースも有り得ますから、まだ何とも言えませんが、直感的には「やってしまった」感ありです。

上記のように工事進行基準は取扱注意だということくらいは監査側も十分に承知しているはずです。であれば、それだけ慎重な手続きが求められるのであって、それを怠っていたと認定されれば、きちんと監査を行っていなかったと判断されるのですからアウトです。

旧カネボウの不正事件の時は影響額2000億円で、発覚後会社が破綻しただけでなく、その勢いで監査を担当していた監査法人が解散に追い込まれました。今回は今のところ1500億円ということです。1500億円誤魔化しても赤字には転落しないそうですから旧カネボウとは事情は違いますが、金額的なインパクトからして、イヤな予感がしなくもないです。

厳しすぎる営業ノルマを課していると、この手の粉飾が横行しやすくなります。どうやら東芝もそんな社風だったようです。
監査人には、そのような社風をも踏まえて不正の兆候や可能性を意識した監査が求められているということですが、経営者も、従業員に出来っこない注文を付けすぎると不正リスク→倒産リスクは急上昇するという意識を持たないと、急成長のはずが突然会社が潰れる事態が待っていないとも限りませんから、注意が必要ですな。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


年金機構

2015/06/09 23:46
画像
更新が滞っており失礼しました。
今年も修了考査は準備不足だったこともあり不合格でしたが、ようやく決算の繁忙期が落ち着いて、早い時間に帰宅できる日も増えてきた今日この頃です。

私は経理の仕事についていますが、現在は私を含めて3人で700人規模の金融機関の経理を回している状況で、単体の決算だけでなく税務や連結も関与し、監査法人対応もやっております。監査法人に勤務していたころは、信用金庫の監査に関与したこともありましたが、監査を受ける立場になって初めてその大変さに気づいた面もありました。

監査法人との情報のやり取りには、やや面倒な手続きがあります。
こちらから提供する情報に関しては、USBメモリを使用する申請をするくらいで大したことは無いのですが、情報を受け取る場合は面倒です。エクセルなどのファイルをウイルスチェックのため専門の部署を通さなければ業務用のPCには取りこめないからです。
なぜそんな面倒なことをするかといえば、勿論セキュリティー確保のためで、個人情報を扱う金融機関ではごく当たり前のことといえます。

先日、国から年金の管理を委嘱されている日本年金機構の職員が、業務用PCに送られてきた電子メールに添付されたファイルを開いたところ、コンピュータウィルスが仕組まれていて大量の個人情報が外部に流出する騒ぎが起きました。

年金のずさんな管理が問題視されて解体された社会保険庁の後を継いだ年金機構が、これまたお粗末な失敗をしたわけです。

私の職場では、インターネットとイントラネットは完全に分離されています。外部との情報のやり取りはインターネット経由で行い、そこから入ってくる情報をイントラネットに移すにはウィルスチェックがかかり、随分時間を要することも珍しくありません。これをやると、インターネット経由でウィルスが侵入しても、個人情報を管理するイントラネットには直接取り込まれませんから、古風な方法とはいえ安全といえます。

個人情報を保護するにはこれが最も確実な方法ですから、面倒でも厳格にやっています。
年金機構はそういう工夫もなしにウィルスに感染していたとすれば、やはり杜撰だったと言わざるをえません。
政府は情報流出による損害賠償には応じないと言っていますが、何の落ち度もない人が年金を受け取れなくなっても補償がないとは思い切った措置ですな。民間の金融機関ならば、そういう失態をするとまあ大打撃で下手をすると倒産です。

相変わらず役所が呑気であることがよくわかりましたね。
独り言ですよ(笑)


(写真は本文とは関係ありませんが、BB弾ってそんなにメジャーなんですね!)
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


大阪都構想が頓挫

2015/05/17 23:48
大阪都構想の是非を問う住民投票が大阪市で実施され、反対票が僅差で賛成票を上回り、大阪都構想は実現しないことが決まりました。

私が大阪府の職員だったころから議論されていた大阪都構想ですが、やはり市民に対しての説明不足というか、周知が思うようにいかなかったということでしょうか。橋下市長の従軍慰安婦発言や、維新の会から当選した議員や市長の不祥事が影響した面は否めませんね。

とはいえ結果は僅差で、若年層の有権者に限れば賛成派がかなり多かったのは考えさせられます。
これからの大阪を作り上げる世代に限れば、都構想に賛成する人が多いのですから、変化への抵抗を起こしやすい高齢者の意向で反対票が多くなるというのはどこかすっきりしない結果です。

私自身は、実は都構想について疑問を持ってはいました。
二重行政の解消は、二重になっている事業をピンポイントで府市統合すれば達成できるのではないかと思うからです。
しかし水道事業の統合に失敗し、都構想の推進に拍車がかかった感じでした。府と市のトップが同じ政党から選出され、議会でも大きな影響力を行使しても、水道事業は統合できなかったのですから、何か特殊なパワーが働いているのでしょうけど、そのあたりの説明もほしいところでした。

橋下市長は任期満了後は政界引退すると言っています。
政治に対する市民の意識を変えたという意味では相当にインパクトはあったと思います。都構想の是非はともかく、市長としての資質が否定されたというわけではないので、再立候補もありかなと思いますが、そこはさすがに潔いですね。
記事へかわいい ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0


税金が「お得」!

2015/04/19 12:15
画像
先日の静岡市長選挙に、妙な候補者が立候補しました。
地元では有名な薬局チェーンの女性元社長なのですが、写真のような公約を掲げて現職市長に対抗しましたが、大敗しました。

女性だけ住民税ゼロというのは、地方税法上、条例を制定すれば可能と言っていましたが、議会で承認されないと無理です。それ以前に、男女差別につながるような条例は憲法に違反することくらいは容易にわかりそうなものですが、正気だったようです。薬局の運営と行政の運営を混同した、非常にお粗末な候補者だといえますな。

投票率は史上最低を記録しました。現職市長の最大のライバルが泡沫候補並みのこのおばさんでは、そりゃ投票意欲も削がれるというもんです。

この公約だと、女性からの支持はそれなりに得られそうな気がしましたが、結果は逆でした。NHKの「出口調査」の結果によりますと、女性からの支持率は男性のそれよりも低かったとか。「お得」などの薬局のチラシと同じレベルの公約に呆れた女性たちが冷静な判断をしたということで、これは意外でしたが静岡市の女性に天晴です。

地方選挙のレベルの低さを実感した選挙でありました。

記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


大石寺

2015/04/05 21:05
画像
桜前線が日本列島を北上中ですね。
先日日経新聞の桜が有名なお寺のランキングで、東日本のトップ10に静岡県の寺が1か所ランクインしました。
西日本のトップ10には醍醐寺や仁和寺、東寺、清水寺と、京都勢が4か所を占め、それ以外の寺も知らないところは金沢市内の1か所だけでしたが、東日本はまだまだアウェーですので、知っている寺はありませんでした。

大阪から母と小学2年の甥が静岡に遊びに来たので、レンタカーを借りて静岡県でただ1か所ランクインした「大石寺(たいせきじ)」(富士宮市)へ行ったとことろ、圧倒されましたのでご紹介します。

まず驚いたのが寺の規模です。田舎の古寺だと決め込んで大した予習もせずに乗り込んだのですが、70ヘクタールにも及ぶ広大な敷地の中にいくつもの堂宇や宿坊があり、池や庭園もある立派なお寺でした。一般の人でも自由に境内を見学でき、駐車場も無料でした。

正面の「三門」をくぐるとまっすぐに伸びた道沿いに枝垂桜が植えられ道沿いの芝生上に花弁が舞って芸術的でした。それ以外の種類の桜を合わせると、境内は桜だらけといった風情でした。写真はその一部にすぎませんが、桜目当てのカメラマンも沢山いて、この辺りでは相当に有名なようです。

富士宮なので本来は富士を借景にした桜と、それを水面に映す池という豪華な風景が展開されるはずなのですが、今回は悪天候のため富士山は雲の中でした。それでも十分に堪能できました。

さらに驚いたのはそのあとでした、帰ろうと思い三門に戻ると、そのずっと先に桜の木が大量にあるエリアが見えました。しかし、かなり遠そうなので駐車場に戻り車を発進させてしばらく進んだところに寺の東門があり、その前が桜の木の広場になっていました。遠くから見えていたのがそこで、果樹園のように桜が植えられて、ピンク色一色の壮絶な景色でした。車で自由に乗り入れることができ、花見を楽しんでいる人がチラホラいました。なんでチラホラしか居ないのか不思議なほど素晴らしい花見スポットだと思います。

これで富士山が望めればまさに絶景です!
近くに行く機会があれば、是非お勧めしたい場所ですね。
毎年4月6・7日はお寺の大法要のため一般の見学はできないそうなのでご注意下さいです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


送別会

2015/03/23 23:59
画像
先週末は大阪に帰っていました。
日曜に法事があったのと、監査法人勤務時代のクライアントの担当者の方が転職するので会社と監査法人の現監査チームとで送別会をやるとのことで、そこに招いていただいたからです。

監査法人に入ったのはもう8年以上前になりますが、最初に所属した監査チームがこのクライアントの担当チームでした。そういうわけで思い出もあるわけですが、懐かしいメンバーが転職してしまうのは一抹の寂しさもあります。自分が真っ先に転職しておいて何だ、と言われそうですけど。

しかしそこそこの年齢で希望通りに転職できるというのは恵まれているというべきでしょう。以前勤務していたところに戻るのだそうですが、それとてよほどの人望がなければお呼びがかからないでしょう。私自身が転職では身をもって苦労しましたので、ブランク期間なく転職できたのは羨ましいですね。

景気もよくなってきたし、転職が増える傾向にあると聞いたことはあります。
転職サイトや仲介業者はこれからますます忙しくなるかも。私はもうしばらく現職で頑張ります!

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


LCC

2015/02/27 22:56
画像

最終日は札幌でゆっくりしたあと飛行機で関空へ。
今回初めてLCCを利用しました。
新千歳静岡便はあろうことか冬眠中なんで、実家に寄れることもあり大阪へ飛ぶことにしました。実家に近いのは伊丹ですが、伊丹行きのANAは3万5千円するところ、Peachは関空行きながら1万円を切っております。この差はさすがに大きいです。

乗ってみればかなり狭い感じで、機内食も金さえ出せば提供されるのですが、パンパンの機内ではそんなもん注文できない空気が流れています。とはいえ2時間弱なんで、勝手に持ち込んだ柿の種とポンカンを食べて外を眺めているうちに着きました。関空のLCC専用ターミナルは駅と離れていて、バスでの移動を強いられるうえ、そもそも整備の都合で遅れて出発したので、予約していた「はるか」に乗り遅れました。

つぎの「はるか」に変更しましたが、今
阪和線で立ち往生しております。車が通れない踏切で乗用車が柵に挟まって動けなくなっていて、脱出に時間がかかると言ってます。パトカーが来たようです。
今日中に帰れるのでしょうか!!

最後の最後にとんだ災難です。さすが阪和線。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


知床連山

2015/02/27 00:42
画像
今日は網走から釧路を経由して、一気に札幌まで戻ってきました。

網走から知床斜里まではすいていて、列車の窓をあけて写真を撮ったり自由にできましたが、知床斜里でそれまでの2両連結が1両に減らされた上に、でかいスーツケースを持った中国人観光客がたくさん乗ってきて、通路まで一杯に。

ふつうのローカル列車なので荷物置き場もないし、JRもちょっと考えた方が…。せめて2両のまま終点まで行って欲しかったです。

川湯温泉からも大量に乗ってきて、よくこんなシブいとこ知ってんな、と感心しました。
日本人でも行ったこと無い人がほとんどのはず(笑)。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

変りばえのしない「公認会計士試験合格者」日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる